eHCCとはコンソーシアム概要役員の紹介会員の紹介

eHCCとは


<eHCCの理念>
eヘルスコネクトコンソーシアムは、
医療介護における様々な課題を解決するために
ICTの視点からできることを「真の患者中心」「コミュニケーション」
を軸としてソリューションを提供します。

eHCCの活動内容はこちら>>

現在、日本が抱えている保健医療・介護福祉領域における問題は多岐にわたり、少子高齢化や疾病構造の変化、医療制度改革など、医療・ヘルスケア分野が大きく変革しようとしています。

このような変革に対応すべく、国家レベルのプロジェクトを始めとして、民間シンクタンク、研究機関、関連団体、協会等が、それぞれ取り組んでいることは周知のとおりです。

特に、医療サービスは特定健診の趣旨に示されるように、病気になる前にそれを予防するためのサービスや仕組みが提供され始めています。

このたび、保健医療・介護福祉領域にかかわる学術経験者、医療コンサルタントなどの有識者と、ITソリューションベンダー、関連企業が一堂に会し、eヘルスコネクト コンソーシアム(英文名: eHealth Connect Consortium)を設立することになりました。

コンソーシアムの目的として、保健医療・介護福祉領域向けに、それぞれ得意なソリューションを持つ企業連合を組織して行き、保健医療・介護福祉ソリューションを提供する組織として発展させていきたいと考えております。